朝倉未来と皇治の対戦はもう近い!?両者の意味深発言を徹底調査!!

朝倉未来

 

今年も年末には大事な試合を控え、YouTubeでも活躍し格闘技を盛り上げている朝倉未来選手。

同じく、格闘技のキックボクサーとして活躍し、SNSやメディアでの発言がたびたび注目を集める存在である皇治選手。

 

同じようなメディアで発信して、注目を集めているといゆ共通点が見える2人ですが、

なんとこの2人の発言が、格闘技ファンの間で密かに注目を集めています!

 

今回は、そんな2人の匂わせ発言を通して、

  • 朝倉未来VS皇治の実現は近いのか?
  • RIZIN VS K-1 の歴史

など、気になるところをこちらで徹底追及していきます!!

 

どちらも影響力がありますから、2人の対戦となれば大いに盛り上がること間違いないでしょう!

スポンサーリンク

朝倉未来VS皇治を徹底分析!!

 

では、さっそくこの2人の対決が話題を呼んだ両者の発言から考察していきましょう!

 

朝倉未来と皇治~2人の意味深発言~

まず発端ともなったのは、皇治選手のこちらの発言。

まさに思い切った発言で、1万件以上のいいねがつくなど話題を呼びました!

そこでこのツイートに対しての返信ではないかと思える発言をした人こそ、朝倉未来選手なのです!

それが、こちらの発言です。

と、まさにRIZINに喧嘩を売った皇治選手に向けて発言したかのようなツイートです!

これを皮切りに、

  • キックボクサーである皇治選手が、総合格闘技のルールで朝倉未来に挑戦か!?
  • 階級はどの階級でやるのか?

などなど、2人に熱い視線が集まっています!!

 

しかしながら直近での試合の予定は調査の結果、判明しなかったです!

朝倉未来選手も年末の試合相手も決まっているので、あるとするなら来年以降になるのではないかと考察できます!

もし、2020年に対戦が実現するなら、オリンピックイヤーでの盛り上がりにさらに熱い1年になりそうですね!!

 

しかし、朝倉未来選手には病気が噂されています。

朝倉未来が病気という真相を追及!!という記事で、詳しく調査しましたが、

対戦が実現するのであればできるだけ早めを期待したいところですね!

 

今後も2人の発言に注意して、速報をお届けしていきますね!

スポンサーリンク

朝倉未来と皇治~K-1対RIZINの対抗戦はもうすぐそこ?~

やはり異種格闘技戦において実現を早めるには、階級をどこに設定するのか?が大きのです。

 

現に、今話題に上がった朝倉未来選手と皇治選手ですが、

朝倉未来選手が約65㎏に比べ、皇治選手は約60㎏と、体重差に問題があります!

どちらの階級に合わせるかなど、身体調整の期間がいるので、すぐすぐ試合を行うのは厳しい状況にはあります。

 

しかし、過去にK-1からRIZINに戦場を変えた、元K-1王者の大雅選手など事例はあるので実現が不可能であるということはないのです!

また、異種格闘技戦のイベントの開催も2人の対戦の実現をグッと近づけます!

 

有名なアントニオ猪木さんも出場した、「格闘技World Cup Dynamite」という異種格闘技イベントが良い例です!

これは、K-1とRIZINに加え、アントニオ猪木さん率いるプロレス軍の3団体が、夢の対決を実現させました!!

 

近いうちにこのようなイベントが開催されれば、朝倉未来VS皇治も実現する日が近くなりますね!

 

実は、フジテレビなどの関係者がこの異種格闘技戦実現に向けて動き始めてるとの情報もあるので、

これには今後も注目して期待していきましょう!!

 

朝倉未来VS皇治~世間の期待の声~

 

では最後に、2人の対決の実現に関して世間はどう見ているのか一緒に考察していきましょう!

 

この中で皇治選手は、「まだ、喧嘩を売らないといけない相手が1人いる。」と意味深発言をしています!

それはやはり、朝倉未来選手なのでしょうか!?

 

こちらでは実際の皇治選手の発言で、他団体のレジェンドとも呼べる堀口恭司選手の名前を挙げています!!

相変わらず、発言に注目を集めますね!!

他にも多数の方が、対戦を期待する声が見受けられました!

実現するその日が楽しみで仕方ないですね!!

スポンサーリンク

朝倉未来と皇治~まとめ~

いかがだったでしょうか!

今回は朝倉未来選手と皇治選手の対戦の実現性についてお話していきました!

 

やはり口だけではなく、行動や結果で示してきた格闘家の両者なので、

対戦が実現する日が近いような気がしてワクワクしますよね!

 

今後も2人の発言に注目しながら、格闘技を楽しんでいきましょう!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました